『子供の意見を尊重してます』←本当でしょうか?

子供の意見を尊重する
に見せかけた
子供の言葉を鵜呑み
になってませんか??
ここを間違えると子供自身の成長に
とんでもない悪影響が出ます。
今日はそんな「尊重と鵜呑み」の違いについてのお話です。

意見を尊重することはとても大切 しかし。。。

個性はあってもいい。人と違う考えや行動をとるかも全然間違っていない。
そこに子供なにり信念想いがあれば尊重すればいい。

でも、自分だけの都合のため、その時の感情だけで判断をしただ楽をしたい。
もしくは自分の非を隠すために意識的か無意識化はさておいて
他人を陥れるようなことを言っている場合など。
こんなときの意見は尊重なんかしちゃいけないと私は思うのです。

誰がどう聞いても、そこに正義がないことさえも自分の子供の言った言葉だけを
尊重していたらそれは鵜呑みしているだけであり、
後からしっぺ返しが来ることを先延ばししているだけです。

なんども言います。
尊重は素晴らしい。
でも、尊重という言葉だけに踊らされて気づいたら鵜呑みになっていませんか?

尊重 VS 鵜呑みにする

一見同じスタンスなはずなのに違いが出る

この七年間で私自身かなりの数の保護者面談をしてきました。
多くの経験を元に保護者のタイプが大きく分けて2つに分けられると気づきました。
1つは管理型 もう1つは放任型に分けます。
このタイプの話はまた後日詳しくお話するとして、、、
今回の「子供の意見を尊重します」とよく言われるのは
放任型の保護者の方です。

先程も申したとおり「尊重する」ことは素晴らしいことです。
しかしながら、同じスタンスのはずなのに
放任型でも2パターンに分かれてしまいます。

1つは「子供がのびのびと成長していっているパターンと、
もう一つは、ただのわがままになって年を重ねるごとに親が困る状況になるパターン
その違いは、どこから生まれるのか?
私が面談してきた経験から導かれた答は

尊重が気づいたらただの鵜呑みになっていること にあると気づきました。

子供の意見を”鵜呑み”にしてしまった例

以前こんなことがありました。

『うちの息子があなたの塾の生徒さんにいじめられている!』
『うちの子は毎日泣いている!責任とれ!』というクレームです。

私はそのクレームをいただいた瞬間に非常に残念な気持ちになりました。
これは子供を助けているようで全く逆のことをしていると思ったからです。
私はいじめられていると主張している生徒とも長く時間を共有していたので、
なぜそのような事態になったかわかっていました。

明らかに自発的に相手が腹の立つような態度をとったり、相手に不快な思いを抱かせる言動をしていたのです。
そりゃ、そんなことしたらやり返すのが子供です。いじめでもなんでもありません。
その過程も全部伝えた上でやり返されたのがショックだと親に泣きついていて
親もそれを理解した上でのクレームなら話はわかります。

その部分は全て切り取られて、ただいじめられた。
苦痛だ。と主張する子供の意見を鵜呑みにして来るのです。
これこそ、「意見を尊重する」を「鵜呑みにする」を
間違えてしまった例です。

鵜呑みにするのではなく、真っ向から子供と向き合う

もし上記のようなクレームが
まかり通ったら。。。?
もし、そのクレームが怖くて私が謝ったり、
そのやり返した相手に一方的に叱ったらどうでしょうか?

ただ、子供に翻弄されている大人の姿を見せることになります。
そこからなにが生まれるでしょうか?
決してプラスのことは生まれません。

是非子供の意見を”鵜呑み”にするのではなく
本当の意味での”尊重”をするため
大人が真っ向から向き合っていきましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Q.子供の意見を尊重できているか不安です

A.困ったときは高田相談室へ!
↓↓↓ご相談はコチラから!↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です